「キャンプ論:あたらしいフィールドワーク」 加藤文俊

「キャンプ論:あたらしいフィールドワーク」 加藤文俊

加藤文俊研究室では、2004年の秋ごろから、47都道府県の踏査を目指したフィールドワークをすすめています。「キャンプ」と呼んでいるワークショップ型のフィールドワークは、人びとの日常生活に接近し、一人ひとりの考え方や生きざまに触れることをとおして、まちの理解を創造する試みです。現場にいるあいだに、たとえばポスターのようなメディアとして成果をまとめます。ささやかでも、メディアをつくることでさらに関係が変容します。まちに還すことこそが、かかわりとしてのフィールドワークの難しさや面白さを際立たせます。
加藤文俊(環境情報学部 教授)

【SFC研究所】
https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/
【ORFについて】
https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/ja/orf/
【ORF2019公式ウェブ】
https://orf.sfc.keio.ac.jp/2019/

環境教育とキャンプカテゴリの最新記事